酵素が異常に不足する原因とは?

酵素はなぜ体内から必要以上減ってしまうのでしょう。
もし自分の生活に原因があるのであれば、改善して少しでも減少を食い止めたいものです。

 

加工食品の毎日を送っていませんか?

体内の酵素量は年齢によってゆるやかに減少していくのは自然の摂理です。
でも、20代30代でも異様に酵素量が減っている人が増えているのはどうしてなのでしょう。

 

それは、出来合いの食品ばかりを食べることで、体内に消化出来ない食品添加物が溜まってしまっているのが原因かもしれません。食品添加物は、食品の変色や変質を抑えたり、固まってしまったりすることを防止するためなどに加工食品に混ぜるものです。

 

売っている時間が長いために長持ちさせる必要があるわけですね。

 

こうした食品添加物を長年大量に摂取していると、体内の酵素量が非常に減ってしまう場合があります。そもそも食品添加物は消化や分解できませんので、腸まで届いて排泄されるのですが、その過程で非常に多くの消化酵素を消費してしまいます。

 

忙しくて出来合いの調理品ばかりを食べる毎日かもしれませんが、出来れば中食や外食は控えて自分で食材から料理をする機会を増やしましょう。

 

生の食品を摂っていますか?

酵素は加熱すると活性を失ってしまうものがほとんどです。

 

温度によっては影響を受けにくい酵素もありますが、より多く摂取したいなら新鮮な生の食材を食べる機会も持ちましょう。

 

野菜や魚など、日本食にはたくさんの良い食べ方があります。
欧米化し過ぎた食生活は、ちょっと見直したほうが良さそうですね。

 

発酵食品を摂っていますか?

納豆やぬか漬けなど、発酵食品には食物酵素がたくさん入っています。

 

外食ばかりの人やパンばかりを食べている人は、長らく食べていないかもしれませんね。
苦手な人もいるかもしれませんが、出来れば積極的に摂りたい食品です。

 

ストレスを溜めていませんか?

意外なことに、ストレスや睡眠不足は酵素を不活性化してしまうと考えられています。
その他にも喫煙や過度な飲酒は酵素を使い過ぎる行為なので、避けるようにしましょう。

 


>>生酵素サプリメントの一覧はこちら<<


他の関連記事もチェックする

実は怖い・・・酵素不足