酵素が多く含まれる食品まとめ

酵素の中には食物酵素があります。自然界からいただく食品で、健康に良い酵素が摂取出来るならそれに越したことはありませんね。

 

どういった食品に多いのか、情報をまとめておきましょう。

 

野菜

酵素を多く含む野菜は、キャベツ、レタス、大根、にんじん、ブロッコリー、アボカド、セロリ、トマト、玉ねぎ、ピーマンなどがよく挙げられます。

 

酵素の面から言うと生でいただくほうが理想的なのですが、生野菜は身体を冷やす作用もあるので注意が必要でしょう。また、すでにカットされて店頭に並んでいるものは、やはり酸化して栄養価に乏しくなっています。

 

まるごと買って来て自分で食べる前に包丁を入れるなどしたほうがより効果的です。

 

フルーツ

バナナ、りんご、キウイ、パパイヤ、マンゴー、パイナップルなどです。
パッションフルーツが多く挙げられるのが特徴ですよね。

 

酵素の面では良いのですが、果糖はやはり糖分ですから大量に食べるとダイエットには良くないでしょう。また、暖かい土地のフルーツは身体を冷やす作用もあるので、冷えには注意が必要です。

 

発酵食品

納豆、味噌などの発酵食品や、ぬか漬けにした野菜などにはたくさんの酵素が含まれます。
日本食はとても理想的な食品が多いので、私たち日本人にとっては都合が良いですね。

 

また、それそのものには酵素がなくても、食物酵素を活性化するお酢は是非調理に使いたい調味料です。大根とにんじんを甘酢で浸けたなますなどは、とても理想的な組み合わせです。

 

補酵素も大切

酵素が十分はたらくには、補酵素という存在も必要不可欠です。

 

酵素単独で動けるものもあるのですが、酵素と補酵素とがくっつくことで生命維持に必要な物質を運んだり、化学反応に必要な材料を運んだりする必要のあるものも少なくありません。

 

この補酵素の中心はビタミンB群で構成されていますので、ビタミンB群を含む食品も覚えておきましょう。大豆、ネギ、にんにく、レバー、イワシ、カツオ、鮭、まぐろ、アジ、サバ、マッシュルーム、海草などです。

 


>>生酵素サプリメントの一覧はこちら<<