酵素には種類がある?

酵素にはそれぞれのはたらきによって種類が分かれています。
酵素について詳しく調べてみましょう。

 

体内の2種類の酵素

人間の体内には消化酵素と代謝酵素とがあります。

 

消化酵素は食べたものを分解して吸収出来る形にするためにはたらくもの、代謝酵素は、消化酵素がはたらいた後で、エネルギーに変わった栄養素を使って運動や呼吸、新陳代謝、排泄、免疫活動などに使うはたらきをするものです。

 

体内の酵素の量は決まっていて、通常時には優先的に消化に使われることがわかっています。

 

ただ、病原体などが体内に入ったようなイレギュラー時には、代謝酵素のほうが優先されて消化酵素が減少すると言われています。つまり、食べ過ぎたり、消化に悪い食べ物ばかりを食べる生活をしたりしていると、酵素は消化に使われすぎて代謝が落ち、病気になると食べ物が消化出来ないので食欲が落ちるというわけです。

 

これは、私たちも実感としてわかりますよね。

 

体外の酵素

食物酵素というものがあり、生の野菜やフルーツ、刺し身などの食品や、味噌や納豆などの発酵食品にはたくさんの食物酵素が含まれていることがわかっています。

 

これらは食べた時に消化に消費される酵素の量を節約してくれるので、体内では代謝のほうに十分な酵素を回すことが出来るようになります。

 

風邪をひいた時などに消化の良いものを食べたり、フルーツを食べたりすると楽になるのはそうした意味もちゃんとあるわけですね。健康な時にもなるべく体内の消化酵素は使わずに、食物酵素を上手く使って新陳代謝を良くしたり、解毒したり排泄を良くしたりするのは健康のために有効な手段なのです。

 

酵素は仕事が決まっている

酵素の種類は本当にたくさんあり、発見されているだけでも約3,000種、しかもまだまだ未発見の酵素があると考えられています。

 

それでもそれぞれの酵素が出来る仕事は1:1と決まっていて、アミラーゼはデンプンの分解、プロテアーゼはたんぱく質の分解と言うように役割が決まっています。だから例えアミラーゼがたくさんあっても、肉をたくさん食べたら消化不良になってしまうわけです。

 


>>生酵素サプリメントの一覧はこちら<<