酵素の効果〜腸内環境の改善

酵素が腸内環境を改善するといいますが、どのようなメカニズムなのでしょうか。

 

乳酸菌などとは違うアプローチ

腸内環境を改善するには乳酸菌の摂取が一番ですが、酵素にも腸内環境に関係する働きがあると言います。これは酵素のはたらきと言うよりも酵母のはたらきによるものが大きく、主には大腸ではなく小腸でのはたらきが大きいという特徴があります。

 

大腸には細菌が定住していて、善玉菌としては乳酸菌やこうじ菌、発酵食品の酵母菌などがあります。もちろんこの酵母菌も酵素を作り出しますので、大腸で腸内環境を整える作用も持っているのですが、どちらかと言えば小腸に定住している酵母菌が免疫系を正常に保つはたらきをしていることのほうがより重要でしょう。

 

小腸は十二指腸から送られて来た食物を分解して消化し、吸収するという大事な役目を持っていますが、この他にも免疫系や内分泌系、自律神経系などの機能をコントロールする重要な器官でもあります。

 

胃酸に負けない

酵母菌は非常に強いので、胃酸などの強酸にも負けず、胆汁や腸液にも負けず、長くはたらいて腸内で活発に発酵活動をすることが分かっています。

 

腸内環境と言えば乳酸菌というほうが有名ですが、一方で腸内に定着させるのであれば酵母のほうが特性があるとする研究者もいます。

 

消化酵素や有機酸を産生し、長くとどまること、炭水化物などを摂り込んでブドウ糖にするので、腸内にいる善玉菌の主食がその場で作り出せて腸内環境が大きく改善することなどがメリットとして挙げられています。

 

また、腸内に溜まることで腐敗物質に変化する危険性がある未消化のたんぱく質を分解出来るのではないかと期待され、その強さと生命力が注目されているのです。

 

生きている酵母が酵素を作る

酵母菌を腸内に摂り込むことで、安定した腸内環境を作ることに期待が寄せられています。

 

特に生きている酵母はその場で必要な酵素を作り出すことが出来るので、腸内で有害物質を無毒化する酵素を作ることも出来るのです。

 

環境に応じて酵素を作る能力があるのが何よりも大きなポイントなのです。

 


>>生酵素サプリメントの一覧はこちら<<