酵素の効果〜血液をサラサラにする効果

酵素が血液をサラサラにするのには、赤血球との深い関わりがあります。
どんな作用があるのか勉強してみましょう。

 

赤血球のでき方

まず、血液の中には赤血球があり、これが酸素や栄養素を運んでいる主役だということを知っておきましょう。血液は水分ですが、そこに赤血球などが溶け込むことで体内を流れ、必要物質を細胞に届け、要らない物質を回収して回っています。

 

この赤血球は、心臓で作られるように思うかもしれませんが、実は血管の壁の内側で生まれます。生まれた赤血球を壁から切り離して血液の中に分配するのは酵素のチカラで、酵素がなければ血液を有効な物質にすることは出来ないのです。

 

血液がドロドロになる理由

食べたものの栄養素によってはこの赤血球同士がくっついて流れにくい大きな塊になってしまう場合があります。通常は赤血球同士はマイナスの磁気を持っているのでくっつくことはありません。

 

でも動物性たんぱく質に含まれる物質はプラスの磁気を持っているので、周りに赤血球をたくさんくっつけてしまい、血管の中を流れにくくしてしまいます。

 

欧米型の食生活が血液に良くないと言われるのはそうした理由です。

 

酵素がドロドロをカット

お互いにくっついて流れにくくなってしまった赤血球同士をまた切り離してくれるのが酵素のチカラです。分子が大きいままでは流れにくいだけでなく毛細血管の中まで入っていけませんから放置しておくと末端の細胞にとっては死活問題です。

 

特に脳の中には細い毛細血管しかありませんから、酸素も栄養も不足すると命に関わる大問題です。酵素がちゃんとはたらいて、赤血球どうしをバラバラに解放してくれるからこそ、隅々にまで血液が行き渡るのです。

 

赤血球の中にも酵素がある

赤血球の中にも炭酸脱水酵素という酵素があり、二酸化炭素を炭酸と重炭酸イオンとに変換したり、また戻したりします。

 

身体の各所で集めて来た二酸化炭素を一旦分解して肺まで運び、肺でまた二酸化炭素に戻して息として体外へ捨てるように変換しているのです。

 

酵素の働きは本当にすごいものですね。

 


>>生酵素サプリメントの一覧はこちら<<