酵素と酵母って何が違うの?

酵素と酵母、似たような言葉ですし、どちらがどういうものでどんな違いがあるのか混乱している人もいるようです。酵素と酵母の違いについてまとめておきましょう。

 

酵素は物質

酵素は、一言で言ってしまえばたんぱく質です。たんぱく質というのは物質ですね。

 

酵素という物質が身体の中で起こるいろいろな化学反応を促進することで、生きるために必要な反応が活発に起こります。触媒として働く物質なのです。

 

酵母は生物

酵母は、一言で言ってしまえば生物です。
とても小さな生物ですが、顕微鏡で見ればきちんと生きています。

 

酵素は物質ですから自ら成長したりはしませんが、酵母は有機物を摂り込んで自ら分裂し、成長します。酵母が分裂して成長することを発酵と言います。

 

パンを作る時に使われるイースト菌も、ビールを作る時に使われるビール酵母などもありますが、それぞれに特徴を持っていて、独自の発酵をする生物です。

 

酵母と酵素の関係

それでは酵素と酵母には何の関係もないのかと言えば、もちろんちゃんとあります。

 

酵母が酵素を生み出すのが発酵です。酵母の中には熱や酸に強い酵母も多く、中に酵素を持ったまま身体の中に届けてくれるはたらきがあります。

 

酵素は加熱や胃酸で不活性化してしまうので、酵母の形で摂取したほうがより効果が高くなる場合もあります。特に天然酵母にはビタミンやミネラルなどの補酵素も含まれ、腸の中に届いてからもそこで発酵を続けるので、腸内の環境改善にもはたらいてくれます。

 

酵素サプリメントや酵素ドリンクを飲むと、腸の中でガスが溜まるという人も中にはいますが、酵母がそこで発酵していることが原因の場合もあります。

 

酵母を摂取したほうがお得?

天然酵母なら、酵素も補酵素も中に含み、腸内で活性化するというはたらきがあります。

 

サプリメントなどでも、「天然酵母が生きている」というフレーズが良く使われていたりしますよね。便秘の解消には酵母は大きく貢献してくれる可能性があります。体質もあるのでどちらがどうとは言えませんが、理解した上で摂取して、違いを検証したほうが良いでしょう。

 


>>生酵素サプリメントの一覧はこちら<<


他の関連記事もチェックする

なぜダイエットに効果がある?