酵素サプリダイエットでの注意点

酵素サプリメントは食品であり、薬ではないので副作用というようなものはありません。

 

ただ、体質によってなんらかトラブルが起こらないとも限りませんので、考えられる注意点をまとめておきましょう。

 

アレルギーに注意

すでに自分がアレルギー体質だとわかっている人は、酵素サプリメントを飲む場合にも慎重になる必要があります。基本的には自然界にある食品をたくさん混ぜあわせて発酵させたものですが、あまりに含まれる種類数が多いので、アレルギーの元となるアレルゲンが含まれていることを見落としてしまう可能性があります。

 

また、同じ植物でも葉は大丈夫で実がだめだったとか、根がだめだったなどということも有り得ます。大丈夫だと思っていたものでも、極度に濃縮された成分を大量に一時に摂取することで症状が出てしまう場合も有り得ます。

 

特にフルーツにはアレルゲンが多いですから、例え原材料が60種あっても90種あっても、内容はひとつひとつチェックする必要はあります。甘味料として使われているハチミツがダメだった、などというケースも有り得ますので、入っている食品はすべてチェックしましょう。

 

便秘や下痢に注意

人によっては酵素サプリメントを飲み始めてから便秘になったという人もいます。

 

今まで腸内に数が少なかった物質や菌が増え、腸内環境のバランスが崩れる可能性は大いにありますので、人によっては今までそこまでひどい便秘ではなかったのに、飲み始めてから便秘がひどくなったというケースも有り得ます。

 

しばらくして新しいバランスが整い解消するケースもあれば、長く続いてしまうケースもあります。これはどうしても体質の問題なので、酵素サプリメントを止めるべきか続けるべきかは自分で判断するしかありません。

 

一般的に考えるなら、もし酵素サプリメントを飲むのを一旦やめてみて、症状が解消するようであれば、やはりその酵素サプリメントは飲むのはやめるべきでしょう。

 

自分の腸内にいる善玉菌と相性が悪い場合は、無理に続ける必要はありません。

 


>>生酵素サプリメントの一覧はこちら<<