食事制限の具体的な方法とポイントまとめ

ダイエット方法として食事制限法を取り入れる方も多いですが、気を付けないとリバウンドの原因となります。では具体的な食事制限の方法を見てみましょう。

 

1日に必要な摂取カロリーと普段の摂取カロリーを算出する

食事制限は摂取カロリーを抑え、さらに必要な摂取カロリーより低いカロリー摂取にすることで体の中の脂肪をエネルギーに変えて痩せる方法です。

 

ですからまず必要なことは1日どれだけカロリーを摂取するのが正しいのかということです。

 

成人女性の場合、運動量が普通であれば以下の様になります。

20代:1950kcal
30代:2000kcal
40代:2000kcal

 

ところであなたは普段どのくらいのカロリーを摂取しているでしょうか。

 

1日の食事を振り返り、3日〜1週間の平均摂取カロリーを算出し、あなたの年代の摂取カロリーの目安より多ければ改善し、少なければダイエットも別の方法を考えましょう。

 

1日の献立を立てる

1日何を食べるか考えることが大変という人もいますが、食べることというのは生きることですからとても大切なことです。

 

適当に昼は菓子パン、朝は食べない、などと済ませていると栄養バランスが偏り、摂取カロリーが少なくても太りやすい原因となります。

 

もしあなたの1日の平均摂取カロリーが低いのに太っているという場合、栄養バランスが悪いのかもしれませんから、栄養バランスを考えた上で、あなたが定めた1日の摂取カロリー内に収まるよう計算してみましょう。

 

大変だ、という方は食品を登録すれば自動的にカロリー計算をしてくれるアプリもありますので活用してみてください。

 

最初は順調に体重が落ちるが停滞期が…

食事制限によるダイエットであれば食べる量を減らせば体重は自動的に落ちていきます。2週間くらいは順調に落ちていくので目に見える結果に嬉しさを覚えることでしょう。

 

しかししばらくすると突然体重が落ちなくなる時期が来ます。

 

この時期は体が飢餓状態になっており、あなたが設定した摂取カロリーで十分に体を活かそうと、体がすべての機能を低下させている状態です。いわゆる停滞期です。

 

実はここにダイエットが成功するかどうかのカギが隠されています。

 

飢餓状態ですからいつもの摂取カロリーで十分体は機能するのですが、ダイエットに失敗したと思って食事を元に戻してしまうと体重が一気に増えてしまいます。

 

これがダイエットの失敗でよくあるリバウンドです。

 

ダイエットで多くの人がリバウンドしてしまいますが、リバウンドしないためには体重が落ちなくても気にせずに停滞期にも同じ食生活を続けることが重要です。

 

代謝を上げることも大切

そしてもう一つ大切なことは体の基礎代謝を上げることです。

 

基礎代謝は1日に自然と消費されるエネルギーのことですから、基礎代謝が上の人の方がダイエットは成功しやすいのです。そこで手っ取り早く代謝を上げたい人が使えるのが生酵素サプリメントっていう事ですね。

 

食事制限をしたいのであれば、基礎代謝を上げるために運動をしたり、酵素を取り入れたりし、ダイエットをより成功させる方向へ導いてあげましょう。

 


>>生酵素サプリメントの一覧はこちら<<