酵素の種類と役割を解説〜消化酵素

体内酵素のうち消化吸収に携わるのが消化酵素です。では具体的に消化酵素にはどのような種類があり、どのような働きをしてくれるのでしょうか。

 

唾液に含まれる消化酵素

食べものが最初に到達するのは口の中です。

 

口の中には唾液が充満し、食べ物が入ったり咀嚼することで分泌されます。しかし多くの方は唾液が消化に役立っているということを認識していないかもしれません。

 

・アミラーゼ

別名プチアリンやジアスターゼとも呼ばれ、中学校の理科でも習う消化酵素です。

 

デンプンをブドウ糖、マルトースやオリゴ糖に分解する消化酵素で、熟した果物にも多く含まれています。ブドウ糖が2つ連結するとマルトース、それ以上連結するとデンプンと呼ばれます。

 

・マルターゼ

ブドウ糖が2つ連結したマルトースを担当に分解します。マルトースはアミラーゼによりデンプンが分解される際作られる二糖類の仲間で、水あめの主成分となっており、膵液、腸液にも含まれています。

 

・リパーゼ

医薬品にも使われていることが多く、脂質と脂肪酸を加水分解してグリセリンに変えます。動物組織、植物の種子にも含まれており、特に胃液や膵液に多く含まれ唾液にいは少量含まれています。

 

胃に含まれる消化酵素

口から運ばれた栄養素に分解する働きを持つのが胃です。

 

・ペプシン

胃液に多く含まれており、たんぱく質をペプチド酸に細かく分解します。加水分解されるとペプトンと呼び、ペプシンは細胞の中で作られ分泌されますが、胃の中に入り込むまで分解活動はできません。

 

・胃リパーゼ

脂肪分解酵素で脂肪を脂肪酸とグリセリンに加水分解します。

 

膵臓に含まれる消化酵素

 

・膵アミラーゼ

唾液のプチアリン同様、デンプンをマルトースおよびブドウ糖に分解します。

 

・トリプシン

トリプシノーゲンが膵臓から分泌されると十二指腸から分泌されたエンテロキナーゼによりトリプシンに変わり、たんぱく質を分解します。

 

・キモトリプシン

分泌されたときはキモトリプシノーゲンと言い、エンテロキナーゼおよびトリプシンによりキモトリプシンへ変化します。その気質特異性を発揮するのは芳香族アミノ酸のみです。

 

・カルボキシペプチダーゼ

アミノ基N末端とカルボキシル基C末端を両末端に持つペプチド鎖のうちC末端から1〜2つのアミノ酸を切り離します。中性、酸性アミノ酸を遊離させるカルボキシペプチダーゼAと塩基性アミノ酸を遊離させるカルボキシペプチダーゼBがあります。

 

・エラスターゼ

プロテアーゼの一種でコラーゲン弾性繊維のエラスチンを分解します。

 

・膵リパーゼ

脂肪分解酵素で脂肪を脂肪酸、グリセリンに加水分解します。

 

腸に含まれる消化酵素

 

・ラクターゼ

乳糖と呼ばれるらくとーすをガラクトースとグルコースに加水分解します。

 

・スクラーゼ

ショ糖をグルコースとフルクトースに加水分解します。

 

・アミノペプチダーゼ

ペプチド鎖の中のアミノ基N末端からアミノ酸を切り離しますが、アミノ酸2つとペプチド結合するとジペプチドとなり、遊離するためにはジペプチルジルアミノペプチダーゼという物質になります。

 

・ジペプチダーゼ

ジペプチドをアミノ酸に加水分解します。

 

このように、消化酵素は4つの器官で使われています。それぞれがそれぞれの場所で全く違う働きをしているのです。

 


>>生酵素サプリメントの一覧はこちら<<


他の関連記事もチェックする

体内酵素ってどういう物?働きとは?